2019年11月20日水曜日

“間違った解釈”に喜ぶ族。



こんにちは。


久保田隆介です。


//////////////////////////////////////////////////////

第3回 治療家&運動指導者 大忘年会
詳細&お申込みはこちら

//////////////////////////////////////////////////////






このブログでは、
治療や身体のことに関する考え方、
一般的なセオリーとは
少し違った視点からのモノの見方などについて
日々発信しているつもりです。






例えば、
何度も何度も書いているのは


硬さ、ゆがみがあっても
それと痛みは因果関係ではない。


ということだったり、
ここ最近の記事から抜粋すると


症状の変化率が高い介入部位が
特定できたところで、
それが原因ということには
まったくならないということ。


治す、良くする、などの表現が
そもそも間違った解釈だということ。


その場での満足度に捉われると、
本質的な部分を見落とすということ。


このようなことを書いて来ました。






こういったことを書いていると、
よく読者から言われるのは


そうは言っても、
現場ではそうも言ってられないですよね??


ということです。






しかし、
それは大きな間違いです。






下手に事実を捻じ曲げることなく、
真実をベースにごく当たり前のことを
ごく当たり前に伝えるだけで


今まで解消できなかった症状が
解消できたり


商売的な要素を払拭した上で
リピートが取れたり


患者さんとの信頼関係が築けたり


そういったことが簡単に起こります。






本質的な問題解決をしようと思ったら、
患者教育のためにも、
まずは施術者側のリテラシーありきで、
一般的な解釈に流されず、
より本質的な視点を持った上で、
症状についての説明をすることが
セオリーになるべきだと考えています。






大前提として、
身体のことについても、
あらゆる症状についても、
未知なことはたくさんあります。


むしろ、
未知なことの方が多いくらいです。


ただ、
医学云々という以前の話で、
単純に事象や物事の関連を理解する上で、
明らかに間違った解釈をすることは
許されるはずがありません。






ところが、
残念ながら多くの施術家が
その“間違った解釈”をしてしまっているし、
それだけならまだしも、
本質からズレたことを
教わっているのにも関わらず


「この先生は凄い!!」


「このセミナーは凄い!!」


となってしまうから厄介なんです。






ましてや、
指摘されて改善の努力をするならまだしも、
まるで何も間違っていないかのように、
振る舞いを変えることのない施術家も
非常に多いのが現実です。






何かのセミナーに行って、
再現性や変化率が高いテクニックを教わると、
それで楽しくなるのもわかります。


しかし、
それを教わってただ興奮しているようでは、
再現性や変化率に目を奪われて、
本質的な部分を見失っている可能性が
非常に高いということを
自覚した方が良いと思いますよ。






先程も書きましたが、
このブログでお伝えしている内容は、
非臨床的だと思われがちです。


しかし、
そういった内容を臨床に落とし込み、
むしろ表面的な手技よりも、
臨床的にも経営的にも
圧倒的に成果を上げるスキームがあります。






ご興味ありませんか??






それでは。


////////////////////////////////////////////

プロとしての
思考力とリテラシーを高めるための
唯一のコミュニティ

『プラチナアカデミー』

参加希望の方は
お気軽にメールかメッセージください。
therapy.trainer.f@gmail.com

////////////////////////////////////////////


2019年11月19日火曜日

それは“原因”ではない。



こんにちは。


久保田隆介です。


//////////////////////////////////////////////////////

第3回 治療家&運動指導者 大忘年会
詳細&お申込みはこちら

//////////////////////////////////////////////////////






治療の精度を上げたい時、
あるいは
症状の改善が思わしくない時に、
重要視されることの代表格が
“検査”だと思います。

※違う文言での言い回しも
 いろいろあるかと思いますが、
 ここではすべて一緒くたに
 “検査”ということにして話を進めます。






その上で云われるのが


検査で原因を特定しましょう。


原因にアプローチしましょう。


などということです。






しかし、
どのような検査を用いたとしても、
どのような情報が得られたとしても、
それが“原因”であることは100%あり得ません。






それこそ、
ある部位に徒手介入をした結果、
疼痛緩和の変化率や
疼痛誘発の再現率が高いと


〇〇が原因です。


というように表現されることがあります。






しかし、
それは確実に間違っていて、
あくまでも


その症状に対する
変化率が高い関連部位は〇〇でした


っていう程度のものでしかなくて、
それを“原因”という言葉でまとめてしまうのは、
それこそ低リテラシーであると
言わざるを得ないということです。






「原因にアプローチしなければいけない」


「根本治療をするべきだ」


などといった発想の施術家が
非常に多いような印象がありますが、
原因にしても根本にしても、
それが本来どういったものなのか??
っていうことを
本質的に掘り下げて行けば、
いずれも到底わかり得ないということが
理解できるかと思います。






そもそもすべての症状が
『変化率が高ければそれが正しい』
というものでもありません。

※ここでいう“変化率”は、
 症状が軽減or消失に向かう方向性のこと






それこそ、
フィジカルに解を見出そうとしている検査
なんていうのは、
その他の要素を無視し過ぎです。


そこで、
脳や神経の反応を見ていますなんていう
手法もありますが、
それも都合の良い解釈ばかりしているような
ケースがほとんどです。


あるいは、
反射などを見ることで、
個体外に解を見出そうとする検査も
ありますが、、、


結局それにしたって、
すべては既知の情報の中にしか
選択肢がないケースがほとんどです。






そもそもの大前提として、
解に辿り着けると決め付けている時点で、
それが判断を捻じ曲げてしまう要因になるし、
何度も言うように


変化率が高いことと
“それが原因である”ということとは
まったくの別問題である。


ということです。






原因にアプローチしている
“つもり”になって満足ですか??


既知の情報の中に
すべての解が在ると思っているんですか??


変化さえ出ればそれが正解ですか??


いい加減に目を覚ましましょうって。






医学書を読む前に!!


セミナーに行く前に!!


小学生の国語の教科書から
見直した方がいいレベルの施術家が
ほとんどなんだよ!!!!!!






これ、
決してバカにしているとか
そういう話ではなくて、、、


適切に言葉を理解して、
適切に文章を理解して、
それらしい情報であっても
鵜呑みにせずに俯瞰する思考力がないと、
そもそも難しいことを勉強したところで、
それが適切に理解されるはずがないですよね。
っていうことを言っているんです。


それが読解力であり、
アウトプットする前提での理解であり、
つまりはリテラシーということの意味です。






いい加減、
響く人増えないかな…。






意味もわからないでしょ??


だからカスなんだよwww






少しでも、
業界が良くなりますように…。






あっ、
ちょっと前にアップしたこの動画も、
せっかく公開したのに低評価多過ぎだし。笑


理解されなかったからなのか、
続きは有料で…ってしちゃったからなのか、
なぜかはわかりませんけど。笑








今日もこのもどかしさを抱えて
生きてゆく…。






それでは。


////////////////////////////////////////////

プロとしての
思考力とリテラシーを高めるための
唯一のコミュニティ

『プラチナアカデミー』

参加希望の方は
お気軽にメールかメッセージください。
therapy.trainer.f@gmail.com

////////////////////////////////////////////


2019年11月18日月曜日

ごく一般的な解釈も非自然であるということ。



こんにちは。


久保田隆介です。


//////////////////////////////////////////////////////

第3回 治療家&運動指導者 大忘年会
詳細&お申込みはこちら

//////////////////////////////////////////////////////






テーマに限らず、
最近開催しているセミナーで
よくお伝えしていることについて
ご紹介しようと思います。






施術家が、
患者の訴える症状を改善することを


治す


良くする


と表現すると思います。






しかし
それが果たして適切な表現なのか??


っていうことです。






例えば“痛み”を扱うとします。






その痛みが、
発生すべくして発生したのであれば、
むしろその痛みを感じることが
“自然”であると言えます。






多くの人は、
“自然”を好む傾向にあります。






例えば、、、


無添加


オーガニック


この辺りがわかりやすいかもしれません。






“自然”を“良い”とする価値観を
肯定するのであれば


逆に
“悪い”というのは
“自然”を否定することになります。






つまり、
症状を改善させることを
“良くする”と表現していることが、
既に良し悪しを人情的な基準で判断する
バイアスの中に在るということを
理解するべきだということです。






これがまた


急性外傷なのか??


慢性痛を扱うのか??


っていうことによっても、
大きく捉え方は変わって来ますけどね。






あなたが、
同業者以外のどのような人と
お付き合いがあるかわかりませんが、、、






実はこういう話って、
医療や身体のこととは一切関係ない、
“他業の頭が良い人”に話すと、
わりと簡単に理解してもらえることが多いし、
非常に興味深く聞いてもらえることが多いです。






もしあなたが


解剖学が大好きでも


〇〇テクニックが大好きでも


筋膜とか頭蓋とかが大好きでも


原因とか根本とか言っていても


口が上手いミーハーな講師に騙されて
深いことを知った気になっているだけで
実はむしろ本質から離れて行っていても


アンチ久保田でも


別に好きにすればいいです。






ただ残念ながら、
上記のようなことにハマっている
レベルのままでは、
そもそも見ている世界が違いますよ。






投稿に“いいね!”していても、
ただ読むたびに納得しているだけでも、
あなたの思考力は
それ程変わらないと思います。






いつまでそのままでいるんですか??






福岡から帰って来る飛行機から、
空がとてもキレイに見えました。






自然最高!!笑






それでは。


////////////////////////////////////////////

プロとしての
思考力とリテラシーを高めるための
唯一のコミュニティ

『プラチナアカデミー』

参加希望の方は
お気軽にメールかメッセージください。
therapy.trainer.f@gmail.com

////////////////////////////////////////////


2019年11月17日日曜日

その場の満足度にとわわれない思考。



こんにちは。


久保田隆介です。


//////////////////////////////////////////////////////

第3回 治療家&運動指導者 大忘年会
詳細&お申込みはこちら

//////////////////////////////////////////////////////






本日の福岡会場での
テーピングセミナーをもちまして、
全日程が終了しました!!


各地で(ほぼ横浜だけどw)
ご受講くださった皆様、
ありがとうございました!!






さて、
今回のテーピングセミナーは、
当初18日程ご用意していたのですが、
台風の影響があり、
結果的には16日程の開催となりました。






振り返ってみると、
9月の初回と昨日の最終回では、
もはや別のセミナーかと思うくらい
内容が違いました…。






すべての内容について
ここでご紹介することはできませんが、
特に何が変わって行ったのか??
っていうと、
理論の解説に割く時間が増えました。






実技に時間を割けば、
その場での満足度は上がるのかもしれません。






しかし、
その場での満足度が高くても、
みなさんが現場に出た時に
自分で考えて応用することができなければ、
あまりにも汎用性が低く、
適応力の伴わない
表面的なスキルになってしまいます。






それで良いと思いますか??






良いはずがないじゃないですか。






それにも関わらず、
多くの施術家が口にするのは


やっぱり現場では
変化を出さないといけないから、
変化がわかりやすい手技が知りたいです!!


〇〇症の時にはどうしたらいいですか?!


ってなってしまうんですよ。






マジでもっと頭使えよ。


いい加減にしろよ。


ポンコツが。


死ね。施術家やめろよ。






例えば患者さんが


もうとにかく辛いところを
ガシガシ揉んでくれればいいから!!


って言って、
あなたはそれで良しとするんですか??


しないでしょ。


それこそ、
その場での満足度重視。






それはなぜかというと、
患部を揉むばかりではダメだっていう
あなたの考え方があるからでしょ??


それはそれで、
とりあえずオッケーとしておきましょう。






要は、
あなたが考えている“本質”が
正解かどうかはさておき、
あなたが思う“本質”に照らし合わせたら、
患部だけ揉むという行為が
決して正解ではないからでしょ??


それはよくわかります。






でもだったら、
以前からずーっと言っている通り


筋肉の硬さも


ゆがみも


C2も


頭蓋も


筋膜の繋がりも


どれも単一で本質にはならないわけですよ。
間違いなく。






ましてや、
“解剖学がすべての基本”
っていう概念からして宗教みたいなもので、
多くの施術家が改めなければいけない
“間違った常識”が
たっっっくさんあるんですよ。






それにも関わらず


本質を追究するために思考することから逃げて


流行りのミーハーな講師やテクニックに
心を奪われて


変化率の高い手技を
得ることばかりを望んでしまうなんて、、、


そんなのは、
患部を揉んでほしがっている素人と、
同じレベルの思考なんですよ。


デブなパーソナルトレーナーと同じなんですよ。


自分が腰痛の
腰痛専門整体師と同じなんですよ。






もっと頭使おうぜーーーー!!!!






それでは、
テーピングセミナーの一部を公開します。


約2分です。








いかがでしたか??






僕が自主開催で企画した
テーピングセミナーにつきましては、
ひとまず終了しました。



あとは、
実は個別開催のオファーを頂きまして

□12/1(日)静岡

□12/8(日)札幌

こちらでも、
テーピングセミナーを開催予定です。
※札幌はテーピング以外の内容も含まれます。




上記日程にご参加希望の方は

12/1(日)静岡
→平野泰弘先生

12/8(日)札幌
→柏崎辰徳先生


まで、
「久保田のブログを見ました。」
ということでお問合せください!!






それでは、、、


もっとこの業界に
“ちゃんと考えることに投資できる人”が
増えますように。


////////////////////////////////////////////

プロとしての
思考力とリテラシーを高めるための
唯一のコミュニティ

『プラチナアカデミー』

参加希望の方は
お気軽にメールかメッセージください。
therapy.trainer.f@gmail.com

////////////////////////////////////////////













2019年11月16日土曜日

オンライン≠心をなくすこと



こんにちは。


久保田隆介です。


//////////////////////////////////////////////////////

第3回 治療家&運動指導者 大忘年会
詳細&お申込みはこちら

//////////////////////////////////////////////////////






オンラインサービスが発展して、
様々なことが本当に便利になりました。






SNSを通して、
会ったことがない人とも交流できます。


メールはもちろん、
LINEやメッセンジャーを通じて
どこでも誰とでも連絡を取ることもできます。






それこそ、
治療院運営の中でも、
LINE@が多く使われるようになりました。
※ライン公式アカウントに移行中ですね。






とにかく、
便利になったことは間違いありません。






ただ、
いくら便利になったからといっても、
そこに“心”がなくなってしまえば、
ただの無機質な、
意味のない繋がりにしかならないと思います。






あなたは、
どう思いますか??






それこそ、
情報発信にしても、
予約システムにしても、
お客さんのアフターフォローにしても、
とにかく
『システム化(≒仕組化)』が大事だと
よく云われています。






しかし、
いずれのアプローチにしても


誰のために??


何のために??


自分がどうされたら嬉しい??


っていうことが
スッポリ抜けてしまっているケースが
非常に多いと感じています。






誰にでも同じ、
不特定多数への発信では、
少なくとも“大切にされている感覚”
感じることはなさそうですよね。






女性を口説く時にも
「それ、他の人にも言ってるんでしょ??」
なんて言われてしまった日には、
ちょっと雲行きが怪しくなりそうです。


「お前だけだよ。」
っていう特別感が大事かと。


あっ、つい余計なことを。笑






あなたは


自分を大切にしてくれる人

or

不特定多数の一人として扱って来る人


どちらの方が好きですか??






答えは、
聞かなくてもわかります。
※違ったらどうしよ。笑






オンラインだと様々なことが
簡易化できて、
自動化できて、
システム化できます。






もちろん、
業務的なことであれば、
無機質な方がかえって効率が良く、
無駄がないこともあるかもしれません。






ただ、
我々とお客さん(患者さん)は
あくまでも人と人の繋がりでしかなくて、
その関わり合いの中で大切にすべきことは、
今も昔も変わっていないと思います。






むしろ、
オンラインでシステム化されがちな
現代だからこそ、
ちょっとパーソナルな関わり方を
意識してみるだけでも、
他者より親切に映るかもしれません。






オンラインツールによって、
確かに便利になりました。






ただそれは、
あくまでも便利になった“だけ”です。






当たり前なことを当たり前に、
相手を想う気持ちを
常に大切にできると良いと思います。






その前提を心得た上で
“利便性”が活かされるのであれば、
きっと強力なツールになりますよね。






それでは^^


////////////////////////////////////////////

プロとしての
思考力とリテラシーを高めるための
唯一のコミュニティ

『プラチナアカデミー』

参加希望の方は
お気軽にメールかメッセージください。
therapy.trainer.f@gmail.com

////////////////////////////////////////////






2019年11月15日金曜日

強いチームの条件。



こんにちは。


久保田隆介です。


//////////////////////////////////////////////////////

第3回 治療家&運動指導者 大忘年会
詳細&お申込みはこちら

//////////////////////////////////////////////////////






昨日は、
奈良公園で動画を撮ったのですが、、、


あまりにもトークが冴えなかったので、
一般公開は控えました。


どこかで限定公開します。






さて、
ヤフーとLINEが統合するとか、
非常に話題になっていますね。






GAFAってご存知ですよね??


Google


APPLE


Facebook


Amazon


という、
4大プラットホームの
頭文字を取ったものです。






ヤフーとLINEの統合は、
GAFAへの対抗策かとも云われていますね。






これを見ていて、
凄く感じることがありました。






いや、
最初に思ったのは3年くらい前かな??






何かというと、
社会的に強い企業っていうのは、
基本的にはサイズを大きくすることで、
その強さを増して行きます。






当たり前ですよね。






しかし、
整骨院とか施術家っていうのは、
すぐに独立して、
組織はダメージを追って、
独立した人も鳴かず飛ばずで、
分散して相互に弱くなっているケースが
多く見受けられるかと思います。






弱くなりたいのか??






そんなはずはなくて、
きっと何か成し遂げたい想いだったり、
創り上げたいカタチだったり、
何かしらあって
独立する人がほとんどだと思います。






自分も独立して、
独立することでしかわからないことも
たくさん経験して来ました。






しかし、
一人ではできないことも
多いということを
たくさん痛感することもありました。






これから先、
組織の良さも悪さも知り、
個人の良さも悪さも知った人たちが、
手を取り合って、
強固なムーブメントを引き起こすようなことが、
治療院業界にもあるべきだと思っています。






個人の良さもあります。






チームの良さもあると思います。






ただ、
弱い個人が集まっても、
それではたかが知れています。






強い個人がチームになれたら、
それが最高だと思いませんか??






あっ、
ちなみに最後にちょっとだけ
毒を吐いておこうかと思います。笑






施術家は、、、






ザコが個人でやっているケースが多過ぎw






それでは^^


////////////////////////////////////////////

プロとしての
思考力とリテラシーを高めるための
唯一のコミュニティ

『プラチナアカデミー』

参加希望の方は
お気軽にメールかメッセージください。
therapy.trainer.f@gmail.com

////////////////////////////////////////////



2019年11月14日木曜日

メディアも施術家も同じ穴のムジナ。



こんにちは。


久保田隆介です。


//////////////////////////////////////////////////////

第3回 治療家&運動指導者 大忘年会
詳細&お申込みはこちら

//////////////////////////////////////////////////////






最近マインドっぽい内容が多かったので、
久しぶりに治療寄りのことを書きます。






これは以前から
ずーっと言い続けていることなんですけど、
いろんな治療法があるじゃないですか。


患部に触れるものから、
患部に触れないものまで。


何なら患部どころか、
身体に一切触れないものまで。






今回はその良し悪しとか、
細かい見解は置いておきます。






重要なのは、
とにかく多少なり
即時的な変化が出るのであれば


患部に100%依存した症状ではない。


ということは、
断言できるということです。






それこそ器質的な損傷があって、
100%それ由来の痛みなのであれば、
どうやったって
即時的に変化するはずがありません。






未だに解剖学とか構造論から
抜け出せない人が多いみたいですけど、
ここまでのごくわずかな解説だけでも、
もはや患部だけに、
あるいは解剖学だけにすがっていては
不十分だということは、
容易に理解できるのではないかと思います。






理解できなければ、
論外なので置いて行きます。笑






で、
何なら一時的にであれ、
器質的な損傷があるにしても、
痛みが即時的にゼロになるような
症例及び治療例は無数にあるわけであって、
もはや患部の問題と症状との関係性を探るには、
従来通りの思考パターンでは
到底不十分であるということが
やはり理解できるかと思います。






それなのに


解剖学が身体の基本である


っていう思考パターンは
相変わらずな施術家がほとんどで、
従来“基本”とされて来たものが、
もはや業界の発展にあたって
障壁になっているとさえ思わざるを得ません。






よく考えてみてください。






不用意な画像診断の文化に対して、
疑問を感じている施術家は
明らかに増えて来ていると思います。


そこに疑問を呈するのであれば、
それ相応に身体や治療に対する見解も
アップデートされるべきだと思います。






しかし、、、


画像診断に対しては
あーだこーだ文句を言う


「患部に問題はない!!」
とかって得意げに発信をする


脳だ、情動だ、という
情報に対してはわかったような顔をする


そのわりには、
解剖学や軟部組織などの情報に対しては
未だに心躍らせている始末、、、






けっきょく、
自分の頭で考えていないし、
誰かが発信していることの
受け売りで発言している人が多いから、
どんどん小手先の発言だけが
業界に蔓延していくんですよね。






メディアの情報に対して苦言を呈して、
優位なポジショニングを取ったと
勘違いしている施術家が目立ちますけど、、、


同じ穴のムジナだっていうことに、
まずは気付いてほしいです。






多くの施術家が食い付いている情報の
そのほとんどが、
本質的にプロとして向かうべき方向性に
向かっていないということに、
もっと多くの人が気付いてほしいです。






あの人のあれも、、、






あの人のあれも、、、






いちばん罪なのは、
発信力のある人が的外れな情報を発信して、
大勢が食い付いてしまうことです。


また、
これは以前から何度も何度も書いていますが、
情報っていうのは、
好き嫌いで見るものではありません。


好きな人の言っていることでも
間違っていることは間違っているし。


嫌いな人の言っていることでも、
正しいことは正しいんです。


これは揺るぎないことです。






思考力と俯瞰力がないと、
なかなかそういった視点で見ることも
難しいと思いますけどね。






それでは。


////////////////////////////////////////////

プロとしての
思考力とリテラシーを高めるための
唯一のコミュニティ

『プラチナアカデミー』

参加希望の方は
お気軽にメールかメッセージください。
therapy.trainer.f@gmail.com

////////////////////////////////////////////